×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供の遠視とレーシック

遠視(えんし)は子供(こども)におおい眼(め)の病気(びょうき)として、遠視(えんし)の子供(こども)を持つ(もつ)親(おや)には、遠視(えんし)の治療(ちりょう)に悩ん(なやん)でいる方(ほう)もたくさん居(い)ます。遠視(えんし)は成長(せいちょう)に伴い(ともない)、改善(かいぜん)されるのですが、遠視(えんし)が強度(きょうど)の場合(ばあい)は、放置(ほうち)してしまうと弱視(じゃくし)や斜視(しゃし)の原因(げんいん)になります。遠視(えんし)の治療(ちりょう)は、矯正(きょうせい)トレーニングや眼鏡(めがね)などの他(ほか)に、「レーシック」や「イントラレーシック」などの手術(しゅじゅつ)でも、裸眼(らがん)の視力(しりょく)を治療(ちりょう)する事(こと)が出来る(できる)ようになりました。遠視(えんし)については、遠く(とおく)の物(もの)が良く(よく)見え(みえ)て、近く(ちかく)の物(もの)が見え(みえ)ないなど、誤解(ごかい)している場合(ばあい)が多い(おおい)のです。遠視(えんし)は、遠い(とおい)近い(ちかい)に関係(かんけい)はなく焦点(しょうてん)が合っ(あっ)ていない状態(じょうたい)の事(こと)をいいます。遠視(えんし)は、幼児(ようじ)に多い(おおい)ですが、成長(せいちょう)に伴い(ともない)徐々に(じょじょに)改善(かいぜん)されるか、近視(きんし)の方(ほう)になっていきます。遠視(えんし)は遺伝的(いでんてき)要素(ようそ)が強い(つよい)のですが、個人差(こじんさ)が激しく(はげしく)て、遠視(えんし)が強い(つよい)場合(ばあい)は、「イントラレーシック」など手術(しゅじゅつ)を含める(ふくめる)治療(ちりょう)が必要(ひつよう)なのです。遠視(えんし)治療(ちりょう)として、「レーシック」という、矯正(きょうせい)手術(しゅじゅつ)が近年(きんねん)では注目(ちゅうもく)されています。「レーシック手術(しゅじゅつ)」は、普通(ふつう)のレーシック手術(しゅじゅつ)と、イントラレーシック手術(しゅじゅつ)に分け(わけ)られています。イントラレーシックとレーシックの違い(ちがい)は、レーシックは角膜(かくまく)を切開(せっかい)するときに金属製(きんぞくせい)の刃(は)を使っ(つかっ)て、イントラレーシックの場合(ばあい)はレーザーを使い(つかい)ます。イントラレーシック手術(しゅじゅつ)は、レーシック手術(しゅじゅつ)において大きい(おおきい)関門(かんもん)の角膜(かくまく)切開(せっかい)を、レーザーにより行い(おこない)、施術(しじゅつ)の精度(せいど)を上げる(あげる)事(こと)により成果(せいか)をあげています。さらに細部(さいぶ)を改良(かいりょう)することにより、精度(せいど)を高め(たかめ)て、簡便(かんべん)で短時間(たんじかん)にすむ手術(しゅじゅつ)が可能(かのう)となり、遠視(えんし)治療(ちりょう)の福音(ふくいん)になることでしょう。コラーゲンは保湿効果がある成分であるため、肌の真皮にあるコラーゲンが不足すると、シワやたるみの原因になってしまいます。

遠視

遠視は子供におおい眼の病気として、遠視の子供を持つ親には、遠視の治療に悩んでいる方もたくさん居ます。

遠視